Road to Kingdom■200521■EP.4

4話

http://kshow123.net/show/road-to-kingdom/episode-4.html

 

1次コンテスト1位THE BOYZが不動の1位を記録した中で、PENTAGONは勝負を離れジノとの最後の舞台を飾って、すべての涙腺を刺激した。
14日の今日放送されたM.NET芸能「ロード・トゥ・キングダム(Road to Kingdom)」で2次コンテストが突入した。
待望の1次コンテストが始まった中でPENTAGONが舞台を準備した。PENTAGONのメンバーが選曲のため集まり、次いで「私たちのチームの魅力は自由奔放」とし、導入部から強烈なBlockbの「VERY GOOD」に言及した。
PENTAGONのメンバーが舞台の上に入場した。PENTAGONはまるでミュージカルを見るような強烈なパフォーマンスで舞台を開いた。
まるで舞台を噛んで食べるような彼らのあふれるカリスマの両方に憑かれたように見て一気にひきつけられた。
Golden Child、そしてVERIVERY、ONF、ONEUSのメンバーたちは、コンサートを彷彿されたPENTAGONの衝撃的な舞台に「これはレジェンド」とし「PENTAGONの先輩たち素敵な舞台としか表現できない」と絶賛した。
次は、THE BOYZメンバーが最後の順序を準備した。すべての期待の中で、THE BOYZのメンバーらのテミンのソロ曲「怪盗」を再解釈した。マネキンパフォーマンスで舞台を開いたTHE BOYZは強烈ながらも節制美が引き立つセクシーカリスマを放った。これを見守っ他のメンバーたちも「心臓ルパンたちは、よりないたい」と口を塞がらなかった。
THE BOYZは、さまざまなアイデアが引き立つ舞台パフォーマンスまで準備した。特に舞台を飛び回るパフォーマンスが視線をひきつけた。最後のリングを盗んだパフォーマンスも目立った。
MCは、1次コンテストの自己評価を進めすることを紹介した。各チーム別自己評価で1次コンテストの最終順位を決めるものである。1次と2次評価合算で最初脱落チームが生じるものを教え、すべての緊張にした。
1次コンテスト7チームのうち4位から開示、すぐTOOが呼称された。90秒パフォーマンスで7位を占めていたTOOが3段階や成長の結果を示した。次の3位を発表した。まさに「ONF」であった。ダークセクシーで反転パフォーマンスだけでなく、歌唱力まで披露期上位にふわりと上昇した。
2位にはPENTAGONが呼称された。ユニークなパフォーマンスと努める余裕が引き立って見えた舞台だった。他のメンバーは、「舞台を楽しむ姿が本当に素敵だった」とした。これとは異なり、PENTAGONのメンバーは惜しい姿を見せた。1位を渇望したためだ。
PENTAGONのメンバーは、「上がる長残っていて、最後まであきらめずに今のように熱心に情熱を燃やしたい」とし
、「デビューして3年半になったが、1位にの光を見たら風が個人的にあり、何とか1など一度みんなでしていくことが夢である」と抱負を表わした。
以下は、1次コンテスト1位を発表した。すぐにTHE BOYZだった。90秒パフォーマンスに続いて2回連続1位獲得したメンバーは、涙を流した。喜びもつかの間、1次コンテスト下位を発表した。Golden Childが5位を記録した。続いて6位と7位の発表だけが残った。ONEUSとVERIVERYの1次コンテスト最下位チームはONEUSであった。VERIVERYは6位を占めた。
MCは、2次コンテストのテーマを紹介した。まさに「私の歌」だった。私たちの歌を通じて、私たちの話を聞かせてくれるのがミッションだった。
2次コンテストキューシートが公開された。THE BOYZが直接不織布順だった。PENTAGONが最初の順番とは、現実に挫折した。第2順序はONF、第3順序Golden Child、4回目はONEUS、VERIVERYが5回目、TOOがエンディング直前順に緊張した。
最初の脱落者が決定される待望の日が始まった。MCは”1車の出演自体投票100プロが、2次のコンテストは、出演者自身投票30%、オンライン視聴者評価団投票70%を加えて、最終的順位が決定される」と説明した。
オンライン観客ただし投票は各チームと同じ数の募集された観客の評価団が最もよくしたと思う3つのチームに投票することだった。
最終1位チームには満点獲得とし、2位から満点を基準に換算スコアを付与すると説明した。さらに、1次と2次コンテストスコアを加え最下位チームは脱落すること残酷なルールを伝えた。続いてMCは2次コンテストキューシートを公開した。1位が米国国防総省は、よりボーイズが7位に最後の順だった。年次順に基準を組んだがフィナーレは、THE BOYZができるものだった。
PENTAGONがオープニング舞台を最初に開始した。このとき、ジノは「軍服務前の最後のPENTAGONの舞台は、今ムダだけと終わりだと思ったが、何か切迫気になる」とし「行った来たらどうなるかはわからない現実的に、最も大切な舞台」と入隊前最後の舞台とした。
メンバーたちはそのような意味で逆走神話を起こした名不虚伝代表曲「ビトナリ」と「春の雪」を選曲した。最初にPENTAGONのアイデンティティを見せてくれた曲、大衆に最も多くの愛を受けた曲だからだ。
このとき、ジノがしばらく席をはずしながら、ジンを除いて、突然PENTAGONのメンバーが集まった。後これは “ジン型と最後の舞台であるだけに特別な舞台をプレゼントしてあげたい」と感動を与えることができる舞台を飾りたい年だ。メンバーたちは「コンテストじゃ弱い舞台と気がするが、この時でなければ、今後はもうできない舞台」とし「ジン型のためによくしたいと思う、体より心が震える舞台をしたい」と覚悟を固めた。
今日のステージは、特に大きな意味があるので、メンバーはさらに熱心に舞台を飾った。後これは「戻ってこない現時点では、PENTAGONもう一度遊んでみよう」と叫んだ後、「春の雪」を熱唱した。特に歌詞の中では「友よ、時間が経っても、私たちの思い出は永遠だ」と流れ出て、さらに胸をかっとにした。本気が伝わった時、簡単に余韻が消えない舞台だった。

/ssu0818@osen.co.kr

 

https://twitter.com/Creker_THEBOYZ/status/1263454725749391360

 

https://twitter.com/official_ONEUS/status/1263831421170286594

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

ATEEZ■200517~200520

次の記事

TRCNG■200517~200523