WORLD KLASS■191018■Ep.03

191018

■[3회] ♬ Bounce – 예비 TOO @ 월드 프로듀서 평가 미션

 

■[3회] ♬ 삐삐 – 예비 TOO @ 월드 프로듀서 평가 미션

 

TOO練習生たちが超特急月末評価の準備に拍車をかけた。練習生は5人ずつあなたのチームで構成された。
グループに椅子スナッチゲームを通じてミッション曲を取った、1組はアイユの「ピッピ」、2組ビックスの「桃源郷」、3組チョ・ヨンピルの「バウンス」、4組ブラウンアイドガールズの「アブラカダブラ」に決まった。月末の評価一定のすべてが秘密である状況の中で、チーム別にスタイルに合わせてアレンジをして、パートを分けるなどの評価の準備に没頭した。
そんな中、練習生たちは急にアンサンヒョン本部長の呼び出しを受けてソウル駅に呼び出された。そこには、練習生の荷物がすべて記載されていた。戸惑う練習生たちにはない本部長は「LAに行く」と通知した。
その練習生たちは月末評価を受けるために、米国LAに到着した。LAで練習生たちは、地元のダンサーたちとダンスバトルを繰り広げた。
そして評価当日、各チームはダンスの動線を入念に確認するなど、月末評価のための準備をもう一度しっかりする中で、練習生を評価するワールドプロデューサーが姿を現した。これら評価主人公はジャスティンビーバー、マライア・キャリー、アッシャーなどを誕生させたプロデューサーロスアンゼレスリードであった。
彼は「すべてに最高の幸運フォロースルーを望む。私はあなたからの独創性の可能性のエネルギーをみる」とし「皆さんの完璧な舞台を見せてほしい」と語った。練習生は緊張感を隠せず、舞台を終えた練習生たちはお互いを励ました。

 

2週間目の評価結果