WORLD KLASS■191122■Ep.08

191122 Ep.08

3つのチームがミュージックドラマを公開した。
22日放送されたMnet「ワールドクラス」では、各自の才能を発揮することができるミュージックドラマミッションが開始された。
各チームは、キーワード選定のために会議に出た。今回のミッションで、それぞれの魅力を発散しなければならほどキーワードが重要な役割として作用する。エネルギッシュチームは「難しい」としながらメンブンに陥った。一方、Done For Meチームは「スーツを着て男の感じを出してみよう」としながら意見を集めた。キーワードの会議を終えた彼らはミュージックドラマ仕立てのためにドラマ演出チャン・テユ監督と会った。チャン・テユは「ミュージックドラマミッションの総演出を引き受けた」とキーワードを発表評価基準を案内した。彼は「曲の理解度が一番重要でミュージックドラマのコンセプトの説得力のある、楽しい時をみる」と述べた。
まず最初に「好き」チームがキーワードを明らかにした。「好き」チームは「犯人をジャプダガ恋に落ちる探偵コンセプト」と「小心男子生徒が片思いをして変化して愛していると告白する内容をコンセプトにとった」と発表した。これを見たチャン・テユ監督は「一つの定そういえばするいけば、その前にドラマなので主人公を定めなければならオーディションをみる」と話した。チャン・テユ監督はオーディションの後、「愛の感情をより配置する必要がそんな感情がないことから物足りなさを感じた」と話した。
チャン・テユ監督は「「好き」チームは休みというコンセプトを選択し、「Done For Me」のチームは別れ、「エネルギッシュ」チームは夢というキーワードを選択した共通的に3話が愛で接続されるようにしてくれる」と明らかにした。彼は「ミュージックドラマの主人公は「好き」チームでは詰まった、「Done For Me」でハンジュン、「エネルギッシュ」チームでは、警護を主人公に選んだ」と話した。 オーディションの後、これらのシナリオを受けて撮影日が明るかった。チャン・テユ監督は「女優を交渉した」とパク・ミニョンを紹介した。撮影に入る上は「私はここでオタクの役割もしているがドンゴンが型は向こう(パク・ミニョン俳優と)デートをしている」と残念がった。 撮影を終えて「TOO」は50人のファンの前でミュージックドラマ試写会を行った。ミュージックドラマ試写会が始まると、TOOの演技にファンの歓声が上がった。 プレビュー後にチャン・テユ監督は「好き」チームは、学生の感じをよく生かしたしながらも「最後に華やかな変身部分が残念だったぎこちなくてストギない様子だった」と述べた。パク・ミニョンも「今はカリスマがミュージックドラマに出てきたならば、完成度が高くなっただろう」と評した。「エネルギッシュ」チームは「チームワークの勝利だと思う団結がよくなるチームだったようだ」と話した。試写会坪以降、観客の評価が続いた。
この日審査結果エネルギッシュチームが観客スコア37、裁判官のスコア43点で合計80点を、Done For Meチームが観客スコア40、裁判官のスコア40で80点、「好き」チームは、観客スコア46、審査員スコア35点で最終的なスコア81点を獲得した。ミュージックドラマの撮影の結果、「好き」チームが1位を占め、グラビア撮影の機会を得た。

 

■[8회] ♬ 에너제틱(Energetic) – 예비 TOO @ 뮤직드라마 시사회

■[8회] ♬ 좋아(JOAH) – 예비 TOO @ 뮤직드라마 시사회

■[8회] ♬ Let Me Love You – 재호&지수 @ 1:1 평가 미션