YG宝石箱■新人ボーイズサバイバル番組■11/16放送

(※11/08更新)

YG宝石箱/YG보석함/YG TREASURE BOX

V LIVE
Naver TV
YouTube
Facebook
Twitter
Instagram
Naverポスト

グループA/B

グループC/J

YG宝石箱とは

■「YG宝石箱」はBIGBANG、WINNER、iKONに続き、YGが4年ぶりに披露するボーイズグループを選抜するプロジェクトの過程を描くサバイバル番組
■11月16日午後10時に「V LIVE+」で先行公開 夜12時にJTBC2とYouTubeで同時公開される
■全10回構成
■練習生は全部で29人 ほとんどが14歳から19歳で構成
■選抜基準はBLACKPINKと同じ 実力は基本で外見と外的魅力を同時に備えたスター性のある人材を選抜
■選抜メンバー数(当初は5人を想定)番組の進行過程を見守りながら柔軟に決定する予定

イェダムとデビュー確定と言われていたレソンとスキズと練習生対決したジョンウンがいない!!

A組


パン・イェダム/방예담/BANG YE DAM
2002/05/07
KOREA
いつの間にか17歳、パン・イェダム
今回の公開で最も注目を集めたのは、いつの間にか17歳になったパン・イェダムだ。2013年「K-POPスター2」で準優勝を獲得して大衆的な認知度を得て、練習生期間中にもパン・イェダムの近況は音楽界の話題の中心だった。昨年彼の甘い歌を収めた映像が公開され、2千万回以上の再生回数を記録しており、強力なデビュー候補になっているメンバーでもある。パン・イェダムは魔性の声を自身の魅力として挙げ、「K-POPスター2」出演当時に比べて、「変声期に声が太くなり、音楽的に上品な雰囲気が出るようになった。聞く人が力を得て、前向きに変わることができるパワーのある歌手になる」というパン・イェダムは、自身を表す3つの単語として「#まだ17歳 #再生回数2000万回 #蜂蜜壺ボイス」を挙げた。

事実上確定メンバー
Stray Kids EP.7で練習生バトルに出演

 


イ・ミダム/이미담/LEE MI DAM
1997/10/27
KOREA
静かなキリン、イ・ミダム
また、甘い歌声が魅力的な22歳イ・ミダムは「首が長くて静かであり、“静かなキリン”と呼ばれている。おとなしい性格だが、面白いところもたくさんある」と伝えた。

Stray Kids EP.7で練習生バトルに出演

 


キム・ジュンギュ/김준규/KIM JUN KYU
2000/09/09
KOREA
イケメンコアラ、キム・ジュンギュ
ボーカルに自信のある19歳キム・ジュンギュは「笑顔が似ていることからコアラというあだ名がある。イケメンコアラと呼んでください!」とアピールし、「声がYGスタイルだとたくさん言われた。影響力のある歌手になりたい」と伝えた。

MIXNINEに出場

 


チェ・ヒョンソク/최현석 /CHOI HYUN SUK
1999/04/21
KOREA
大食いのファッショニスタ、チェ・ヒョンソク
BIGBANGの影響を受けてヒップホップに接した20歳のチェ・ヒョンソクは、「子供の頃からすごく憧れていた事務所なので、必ずデビューしたい」と意気込みを表した。

MIXNINEに出場 TOP9に入った

 


イ・ビョンゴン/이병곤/ LEE BYOUNG GON
1998/03/05
KOREA
自他共に認めるビジュアル、イ・ビョンゴン
また、えくぼが専売特許である“自他ともに認めるビジュアル”イ・ビョンゴンは、「ラッパーを準備する兄から影響をたくさん受けた。僕の音楽性を人々に見せたい」と明らかにした。

MIXNINEに出場 TOP9に入った

 


キム・スンフン/김승훈/KIM SEUNG HUN
1999/02/26
KOREA
練習生職人、キム・スンフン
ボーカルを担当している20歳のキム・スンフンは、練習生職人と呼ばれる。キム・スンフンは「小学校4年の時に練習生生活を始め、もう9年目になる。今回が最後の機会だと思って、死に物狂いでやって必ずデビューしたい」と覚悟を語った。

Stray Kids EP.7で練習生バトルに出演

 


キム・ドヨン/김도영/KIM DO YOUN
2003/12/04
KOREA
愛嬌たっぷり&甘い歌声、キム・ドヨン
本日公開されたメンバーの中で最年少の16歳キム・ドヨンは「『自分』を世の中に知らせたい。ダンスと歌どちらも上手で他の人とは違う歌手になるためにたくさん練習している」と話した。特にキム・ドヨンは家にばかりいるインドア派であり、兄たちが自身の名前からつけた『ドビー』というユニークなあだ名を持っている。

Stray Kids EP.7で練習生バトルに出演

 

B組


ワン・グノ/왕군호/WANG JYUNHAO
2000/05/08
TAIPEI
台北出身のワン・グノは「韓国に来て3ヶ月になり、韓国語はまだ難しい」とはにかむような微笑を見せた。ワン・グノは「BIGBANGのG-DRAGONが好きでオーディションを受けることになった。親に認められるためにデビューしたい」と言った。

 


カン・ソクファ/강석화/KANG SEOKHWA
2000/12/01
KOREA
「祖父、祖母と一緒に住んでいた」と言ったカン・ソクファは、トロット(韓国の演歌)をたくさん歌ったとし、しっとりとしたトロットを披露した。彼は「僕の声で人々に感動を与える歌手になりたい」と言い、デビューへの強い意志を見せた。

 


ハ・ユンビン/하윤빈/HA YOONBIN
2000/12/11
KOREA
ハ・ユンビンは「昔からHipHopが好きでラップをすることになった」と帽子をファッションのポイントに挙げた。「意外な魅力がある」と自身の魅力ポイントを明かしたハ・ユンビンは「iKONとWINNERのようなアーティストになりたいという夢がある」と言った。

 


パク・ジフン/박지훈/PARK JIHOON
2000/03/14
KOREA
「よろしくお願いします」と笑顔であいさつしたパク・ジフンは「はっきりした夢を持ったのが歌手でもあるし、親孝行できる方法の中で僕が一番うまくできることで、一番やりたいことだ」とYGで歌手にデビューすることを希望した。

Stray Kids EP.7で練習生バトルに出演

 


チャン・ユンソ/장윤서/JANG YUNSEO
2001/04/04
KOREA
チャン・ユンソは「目が大きくてSHINeeのミンホ先輩に似ていると言われて、言われる度にありがたい」と言った。続けて「人々に僕の歌をたくさん聞いてほしい」と言い、様々な声真似をはじめとする愛嬌パレードで自身アピールをした。

 


ユン・ジェヒョク/윤재혁/YOON JAEHYUK
2001/07/23
KOREA
「YGに入社して4ヶ月ほどになった」と明かしたユン・ジェヒョクは「3大プロダクションからキャスティングを受けた」と明かした。彼は「たくさんの人の前でよいステージを披露したい。僕が準備したダンスと歌を必ずやりたい」と願った。

 


キム・ソンヨン/김성연/KIM SUNGYEON
2002/06/18
KOREA
キム・ソンヨンは「同じクラスのパン・イェダムからYGを紹介してもらって、オーディションを受けて入ることになった。親和性もよく、負けず嫌いだ」と言い、自身の魅力に対しては「魅力的な音色ではないかと思う」と自ら評価した

 


キル・ドファン/길도환/KIL DOHWAN
2003/08/26
KOREA
愛嬌あふれる挨拶を伝えたキル・ドファンは自身の特徴について“国楽家族”と言い、「母が伽椰琴、叔父がコス(太鼓を叩く人)て、僕も奚琴という楽器をする」と明らかにした。また、BIGBANGのV.Iのファンであると言い「声のトーンとタレント性が好きだ」と伝えた。

 

C組


パク・ジョンウ/박정우/PARK JEONGWOO
2004/09/28
KOREA
15歳のパク・ジョンウは「塾に入って2日でオーディションを受けて合格した。YGはご飯が本当に美味しいし、練習環境がすごくいい」と満足感を表した。また、自身の強みとしてパワフルな高音を挙げ「感動を与えられるように一生懸命に頑張ります」と挨拶した。

 


イ・インホン/이인홍/LEE INHONG
2004/11/12
KOREA
15歳であるイ・インホンは飛び抜けた魅力を披露して「ステージでだけは普段の自分とは異なる姿を披露したい。ダンスや歌以外のことをやれば楽しくないと思って歌手を夢みるようになった」と堂々と話した。

 


チョン・ジュニョク/정준혁/JUNG JUNHYUK
2005/01/17
KOREA
「14歳のラッパーチョン・ジュニョクだ」と紹介したチョン・ジュニョクは、ラップを始めたきっかけとしてエミネムを挙げた。彼は「ラジオでエミネムが出て『ラップってすごいものなんだ』と思った。世界的に有名なアーティストになりたい」とえくぼのある笑顔を見せた。


ソ・ジョンファン/소정환/SO JUNGHWAN
2005/05/28
KOREA
はにかむような笑顔で挨拶したソ・ジョンファンは「普段は明るくて朗らかな性格だ」と紹介した。彼は永同(ヨンドン)桃広告を撮った履歴を明かし、美味しそうな桃のモクバン(おいしそうにたくさん食べる番組のこと)を披露した。また「努力で成功した歌手になりたい」と伝えた。

 


ユン・シユン/윤시윤/YUN SIYUN
2005/01/18
KOREA
14歳のユン・シユンは「ダンスに1番自信がある。なるべくパワフルなダンスを披露して、記憶に残るアイドルになりたい。子供の頃に『群島:民乱の時代』という映画を撮影したけれど、チョン・ドゥホン監督に習いたい。武術も上手でダンスも上手で歌も上手な万能エンターテイナーになりたい」と願いを表した。

 


キム・ジョンソプ/김종섭/KIM JONGSEOB
2005/11/19
KOREA
特有のスワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意)をアピールしながら登場したキム・ジョンソプは、「『K-POPスター』以来、2度目のサバイバル番組であり、見ている人も楽しいし、やっている自分も楽しみたい。デビューを目標にして、もっと大きいステージにもう一度立ちたい」と抱負を表した。

 


キム・ヨンギュ/김연규/KIM YEONGUE
2004/05/03
KOREA
かわいく純粋な笑顔で挨拶したキム・ヨンギュは「普段丸っこい眼鏡をかけているが、愛らしい姿で愛を届けられる歌手になりたい。ハリーポッターに似ているとよく言われる」とし、特有のキュートな笑顔で注目を集めた。

 

J組


ケイタ/케이타/KEITA
2001/07/04
JAPAN
前向きな性格を持っているというKEITAは「初サバイバル挑戦だ。絶対に負けてはならないと思う。ポジティブなパワーを見せるアーティストになりたい」と伝えた。特に、KEITAは自ら最大の長所として“綺麗なお尻”を挙げ、笑いを誘った。

 


ハルト/하루토/HARUTO
2004/04/05
JAPAN
YG Treasure A#1のチェ・ヒョンソクがイケメンだと評価するHARUTOは「でも僕がもっとイケメンです」とし、ルックスに自信を表した。また、彼は「長い脚と目が僕の魅力だ。今どきのスタイルのカッコいいラッパーになりたい。20歳前のデビューを目指している」と意気込みを表した。

 


ヨシノリ/요시노리/YOSHINORI
2000/05/15
JAPAN
韓国の音楽が好きで、中学校3年の時にYG JAPANのオーディションを受けたというYOSHINORIは「ラッパーは、歌詞にパワーを表現していてカッコいい。僕も人々に力を与えるラッパーになりたい。僕はやろうと思えば最後までやる性格だ」と堂々とした抱負を表した。

 


アサヒ/아사히/ASAHI
2001/08/20
JAPAN
中学生の時から独学で作曲を勉強しているというASAHIは「自分で作った楽曲で、多くの人々に感動を与える歌手になりたい」と、デビューへの意志を表した。また、ASAHIは1番好きな韓国語として「芸術作品」を選んだ。理由として、彼はこれから芸術作品をたくさん作りたいためだとし、アーティスト的な一面を表した。

 


マヒロ/마히로/ MAHIRO
2001/03/28
JAPAN
「褐色の目が魅力」だというMAHIROは「小学生の時にBIGBANGのコンサートを観て、あのようなステージに立ちたかった。何でも上手なYGのNo.1になりたい」とし、強い印象を残した。

 


マシホ/마시호/MASHIHO
2001/03/25
JAPAN
流暢な韓国語を披露したMASHIHOは、自分が考える自分のビジュアルという質問に「可愛いと思います」としながらも「違う?」と反問し、撮影現場の雰囲気を盛り上げた。また「楽しさを与える歌手になりたい。必ずYGでデビューしたい」と意欲を表した。

 


コタロ/코타로/KOTARO
1999/06/17
JAPAN
KOTAROは「友だちが僕を“センシティブ・ボス”と呼ぶけれど、全然違う。普段は優しいほうだが、たまにカッとなる時がある」とし、自他共に“センシティブ・ボス”であることを認め、撮影現場を爆笑に巻き込んだ。KOTAROは「ステージに立っているだけでも歓声が上がる、そんな歌手になりたい」と挑戦状を叩きつけた。