UNDER19■181104■キム・シニョンのTMI

181104 キム・シニョンのTMI

案の定 初回視聴率は2.2% ドユニやミクナよりも低かったらしい
話題性も放送前の宣伝も少なすぎたのが原因だと思う
若いのに才能のある子が多いので打ち切りとかはしないで欲しい!

[MBC PICK X 언더나인틴/1회] 신영이의 PICK | 김영원, 코스케, 방준

[김신영의 TMI/1회] 끼렉터 신영이 들려주는 고급 정보로 언더나인틴

 

スロンからバクジンオまでに、「アンダーナインティン」初めての部屋決め★有望な6 

キム・ヨンソク(14歳)
14歳のボーカルチーム末っ子キム・ヨンソクはしなやかな美声でディレクターの愛をたっぷり受けた人物。彼は登場から「チョ・ヨンピル先生で、ユ・ジェハ先生を好む」と成熟した魅力を見せた。彼はチョ・ヨンピルの「もうそうだといいな」を歌って良い評価を受けた。  キム・ヨンソクはまた、後続のステージで「子供の頃からの親友がいた昨年の事故で先に天国に行った。その友達と毎日楽しんで聞いていた曲がユ・ジェハ先生の「君は私の胸に」という曲である特別その友人を考えてし呼びたい」と「君は私の胸に」を熱唱して拍手を受けた。彼の原石のような声は、88.75点を受けて序盤から1位になった。

 

ジェイ・チャン(16歳)
ニューヨークから来たジェイは、「K-POP歌手になりたくてきた。韓国でアイドルになりたい。この機会を通じて、私のすべてのものを注ぎ込むのだ」とK-POPアイドルデビューにオールインしたことを表わした。彼は特にクラッシュが「本当に整えてみたい原石」と絶賛した人物。
ソルジまたジェイに向かって「千軍万馬を得た気分だ。間違いだけならば順位変えることができる。私たちのチームの前面に立ってなければなら人材」と期待感を吐き出した。セムギムの「シアトル」を歌ったジェイは一気にディレクターたちの心を取っていた、クラッシュはジェイに「機会があれば必ず良い曲を作ってあげたい友達」と拍手を送った。そのまた、ボーカルチームの強力な1位の後より。

 

チョン・ドユム(15歳)
チョン・ドユムは「可愛気性DNAを持って生まれたパフォーマンスチーム愛ハニー。しかし、舞台が始まると目つきが急変し、カリスマあふれる舞台を作り上げる。彼の舞台にファンサンフンとウニョクの両方」目つきが変わる」とプロのような彼の姿を絶賛した。チョン・ドユムは登場するやいなや、パフォーマンスチーム1位を占めた。

 

スロン(13歳)
香港のダンスの天才で、すでに有名なパフォーマンスチーム最年少スロン。彼はあどけない顔とは異なり、自信に満ち舞台に視線をキャッチ集めた。彼は先に酷評を受けたギムシヒョンと同じ曲セブンティーンの「拍手」を選曲、舞台を掌握してディレクターを驚かせた。ディレクターの特別な要求にポッピン舞台までリリースしたスロンは「アンダーナインティン」末っ子ラインにも多大な存在感を誇示した。彼は断然パフォーマンスチーム強力1位の後ロボ登板した。

 

ジャン・ルイ(17歳)
ボーカルチームベヒョンジュンの舞台に乱入(?)して存在感を発散したジャン・ルイ。ダイナミックデュオが何日ぶり場合は、「ジャン・ルイ用意」と言うほどに独特のキャラクターを持った人物である。彼は全身での存在感を発散、「アンダーナインティン」のハッピーウイルスになった。
このようなキャラクター性のおかげだろうか。オストミーこれ歌詞間違いをしたにもかかわらず、ディレクターの「上手な友達なのにミスがもったいない」という評価を引き出して堂々とレプチム1位を占めた。「もう一度聞きたいラップをする魅力を持っている人」を選んというダイナミックデュオの選抜基準に合っ参加者であった。

 

バクジンオ(16歳)
バクジンオは「アンダーナインティン」初放送の最後を飾った有望株。彼は「内申1等級を受けるほど勉強もよくする自分だけの話をすることを知っているラッパー」というダイナミックデュオの絶賛を受けて舞台に上がった。ルックス、内申1等級に輝く勉強実力でバクジンオは、参加者の間で「厳親」に通じる人物。
バクジンオの真価は、自作のラップで明らかになった。バクジンオは「私の友達と親しくできず、大変だったときお父さんと体験したことを歌に込めた」と友人と似合わず、戦いをした後、学校に呼ばれてき父の涙と後悔を見体験談を書いた自作のラップを公開した。彼のラップにディレクターは、すべてかっとした様子だった “私の父を思い出して聞いた」と拍手を送った。「今までの舞台の中で最も良かった」という評価を受けたバクジンオは「アンダーナインティン」のスター有望株として浮上した。

 

他にも優れていた容貌でダイナミックデュオに認められたユヨンハ

 

보니하니MCで活躍したジョンテクヒョン

 

015Bボーカル イ・ジャンウの息子イ・ミヌ

 

本東京ドームで公演しただけの公演キャリアが多い日本出身コウスケ

 

バージニア州から来たギムヨウンウォン

 

「ミルクボーイ」14歳の最年少ラインベヒョンジュンなどが初放送を通じて注目を浴びた。

©yjh0304@osen.co.kr